header

トピックス
TOPICS

2017-03-21

【カンバツ仮囲いへの道】 第2話 鋼製仮囲いの調査と木製仮囲いの実験施工

木製の「カンバツ仮囲い」を実現するため、まずは広く普及している鋼製仮囲いの調査からはじめました。毎日何気なく歩いていた街も、着目点を変えるといろいろなものがみえてきます。仮囲いは、予想以上に身近にあふれていて、そして時代とともに進化していることに気付きました。

鋼製仮囲いには様々なバリエーションがありますが、これらは機能性を重視したものが多く、デザインパネルといっても模様や写真をプリントしたものがほとんどでした。鋼製仮囲いを知るほど、木製の「カンバツ仮囲い」にもチャンスがあることを確信し、ここから試作に向けて走り出します。

しかし、私たちの職場がある大阪市内では木材を調達し、加工することができません。試作の道を探していたとき、とある木材森林組合 様のご協力を得ることができ、さらに実験場所をご提供いただくことができました。

このようにみなさんのご協力を得て、本格的に開発をスタートしてから数ヶ月で第1回の実験施工を迎えることができました。このカンバツ仮囲いは、度重なる台風に見舞われながらも、腐朽や破損することなく、今日も実験施工を継続しています。僅かに色は褪せましたが、それが落ち着く風合いになってきたなという評価もいただいています。

ここで得た経験を生かして、次の実験施工、初施工に進んでいくことにしました(つづく)。